コモドールBASICなどが動く「TTGO VGA32」マイコンボードについて

LilyGoのマイコンボード「TTGo VGA32」は、ESP32マイコンにVGAとPS/2というレトロなインターフェイスを搭載した製品です。こちらの動作には以下の手順でArduinoIDEより「FabGL」というライブラリを書き込む必要があります。

「FabGL」はESP32のグラフィックライブラリですが、なぜだかVGA・PS/2・I2CやSPIの液晶に対応し怪しいゲームとかBASICとかがあるという独特の世界を構築してます。そしてコモドールVIC-20という1981年のパソコンに採用されたCBM-BASICと、そのサンプルアプリが動いちゃうのです。

セットアップ手順

  1. ArduinoIDEをインストール・起動し下記操作を行う
  2. 追加のボードマネージャに「https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json」をセット
  3. ボードマネージャで「ESP32」インストール
  4. ライブラリマネージャで「FabGL」をインストール
  5. 「ESP32 Dev Module」のボードを選択
  6. ボードを接続
  7. シリアルポートでボードを選択
  8. 「VIC20」をボードに書き込み

下記にこのボードのセットアップ方法についての紹介動画があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です